2010年05月24日

クリントン米国務長官が21日来日 普天間、北朝鮮への対応を協議(産経新聞)

 【ワシントン=犬塚陽介】クローリー米国務次官補(広報担当)は18日の定例記者会見で、クリントン国務長官が21日、訪日すると正式に発表した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題や韓国の哨戒艦沈没事件を受けた北朝鮮への対応などを岡田外相らと話し合う。

 また、クリントン長官は21日中に中国・上海入りし、上海万博を視察。23〜26日まで北京に滞在し、ガイトナー財務長官とともに米中戦略・経済対話に出席する。26日にはソウルを訪れ、北朝鮮問題を協議する。

【関連記事】
「首相発言」案 手続きより打開策決めよ
鳩山首相「ぶら下がりより記者会見を活用したい」
口蹄疫 普天間に次ぐ「失政」に自民、攻勢へ
首相、23日に沖縄再訪問へ
民主ジレンマ「辞めて済む時期逸した」
中国が優等生路線に?

拉致と安保を議論、23日シンポ(産経新聞)
首相動静(5月21日)(時事通信)
“鬼”の佐野氏が語る「究極の一杯」(産経新聞)
<世帯収支>赤字の家庭が4割に 連合系シンクタンク調査(毎日新聞)
俳優・原田大二郎氏、民主が山口選挙区擁立へ(読売新聞)
posted by ソウマ クニオ at 10:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。