2010年03月24日

生方氏解任「やむを得ぬ」=民主・細野氏(時事通信)

 民主党の細野豪志副幹事長(組織・企業団体委員長)は20日、テレビ東京の番組に出演し、執行部が小沢一郎幹事長を批判した生方幸夫副幹事長の解任を決めたことについて「判断はやむを得なかった」と述べた。一方、「党の要は幹事長という大きな枠組みの中で、みんなが自由に動きにくいところがあったとは思う。そこは変える必要はある」として、党運営に一定の改善が必要との認識を示した。
 細野氏は、生方氏の解任を小沢氏に求めることを決めた18日の副幹事長会議に、地方出張のため欠席していた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

自称霊能力者ら追起訴=女性に薬物飲ませ殺害−大阪地検(時事通信)
死亡の男を書類送検=自宅に放火、一家4人死亡−熊本県警(時事通信)
<東京消防庁>地下鉄でテロ対策訓練 サリン事件から15年(毎日新聞)
【科学】注目される粘菌の高度な「知性」(産経新聞)
ブーツにナイフ携帯 逮捕のシー・シェパード元船長(産経新聞)
posted by ソウマ クニオ at 07:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。