2010年04月13日

消費税、凍結見直し必要=増税争点に衆院解散も−仙谷国家戦略相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は13日の閣議後記者会見で、鳩山由紀夫首相が4年間凍結を表明した消費税引き上げに関し、「今の税収のままなら(財政的に)大きな壁にぶち当たる」と述べ、見直しが必要との考えを示した。さらに消費税引き上げを争点に衆院を任期中に解散するのも選択肢になるとの認識を示した。 

【関連ニュース】
デフレ克服に増税必要=財源確保で菅財務相
「立ち上がれるか心配」=新党名に皮肉
債務残高比率「安定的に縮減」=目標年次明記、6月まで先送り
公約修正やむを得ない=枝野行政刷新相
理念・政策、方向性が課題=対極の与謝野、平沼氏

<新党>議員5人確保にめど 中川氏が自民離党届(毎日新聞)
<山崎直子宇宙飛行士>コンテナ移設で若田さん「仕事満点」(毎日新聞)
日中首脳、来週会談へ=核安保サミットに合わせ(時事通信)
銭湯ロッカーから現金盗む=容疑で法務局職員再逮捕−滋賀県警(時事通信)
両腕遺体は女性会社員=競艇場に流れ着く? −福岡県警(時事通信)
posted by ソウマ クニオ at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

国東半島 「峰入り行」始まる 天台宗の僧侶ら(毎日新聞)

 大分県の国東半島で、天台宗の僧侶たちが約150キロの山道を歩き、霊場を巡る「六郷満山(ろくごうまんざん)峰入り行」が31日、本格的に始まった。僧侶約20人は、同県豊後高田市の国指定重要文化財「熊野磨崖仏(まがいぶつ)」前で護摩をたいた後、約100人の一般参加者と共に険しい山道を歩き始めた。

 峰入り行は00年3月以来10年ぶり。六郷満山は国東半島に点在する天台宗寺院の総称で、峰入り行は仁聞(にんもん)菩薩が修行した足跡をたどり、855年に始まったとされ、その後興廃を繰り返して1959年に復活した。

 午前7時、ほら貝の合図と共に、白装束の僧侶が険しい参道を登り始め、磨崖仏前に到着。般若心経を唱える声が響き渡る中、護摩に火が付けられると、激しく煙が噴き上げた。行は4月4日まで続く。【祝部幹雄】

【関連ニュース】
ふるさとナビ:市民記者ニュース 僧侶ら霊場巡る 大分で10年ぶり修験行事 /東京
美しき瑞穂の国で:第1部・仏の里の春/3 米国から古里の鬼へ /大分
ひとinぐんま:江戸時代の「大根蕎麦」復活、前山文伸さん /群馬

<10年度予算>今夕に成立…参院委可決(毎日新聞)
ジャニーズ事務所「現場に現れた事実ない」(スポーツ報知)
B型肝炎、7地裁で追加提訴(産経新聞)
爆発 建設中のごみ処理施設で 4人重傷 4人けが 姫路(毎日新聞)
頭部すげ替えは「著作権侵害」観音像訴訟で知財高裁(産経新聞)
posted by ソウマ クニオ at 03:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。