2010年02月15日

北沢防衛相が外国人参政権に慎重姿勢 「予断を与えてはいけない」と賛成表明から転換(産経新聞)

 北沢俊美防衛相は12日午前の記者会見で、永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与法案について「対立の中でことが決まるような性格ではない。やや議論が未成熟ではないかという気がする」と述べ、慎重な姿勢を示した。

 北沢氏は先の衆院予算委員会で、法案に賛成する考えを表明していただだけに軌道修正した格好。北沢氏は「心情的なことを予算委員会で申したが、これから議論を行っていく上で、防衛相として賛否など積極的にモノを言うことは控えていきたい。予断を与えることになってはいけない」とし、賛否を“封印”した。

【関連記事】
岡田外相、外国人参政権で明言避ける
外国人参政権「安全保障上の議論ある」 首相、問題点指摘
外国人参政権の反対署名消える、盗難の可能性も 兵庫・加西市議会
小沢氏不起訴 韓国では安堵の声 外国人参政権への影響懸念で
外国人参政権「民族感情刺激される」 亀井氏、重ねて反対を表明

<網走監獄>設立30周年でリニューアル 展示物を一新(毎日新聞)
ニイウスコー事件 ワンマン元会長が主導か(産経新聞)
「公邸の浴室改修」…実は寝室改装(産経新聞)
痛烈に響くヤジ 小沢氏に「辞めろー」(産経新聞)
橋下知事、国交省「伊丹空港フル活用」を批判(読売新聞)
posted by ソウマ クニオ at 17:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。